CBD効果ない?効果がないと言われる原因と解決策を最新の論文を元に解説

CBDは効果ない?最新論文を元に原因と改善策を解説
目次

はじめに

CBDによる効果が世界中で期待されている中、実際に使用してもあまり効果を実感できなかった方が多くいます。

本記事では、そういった方向けに海外論文や研究結果などをもとに、CBDの効果について改めて解説し、効果を実感できなかった理由と、効果を実感するための方法についてもご紹介いたします。

最後まで読むことで効果を感じられなかった原因と改善策を理解していただけます。

CBDとは

CBDとは

そもそもCBDとは何なのかを改めて説明します。

CBDはカンナビノイドの一種であり、主に大麻植物から抽出される成分です。
THCと同じく、大麻に含まれるカンナビノイドの一つですが、日本で違法であるTHCとは異なり、CBDにはいわゆる「ハイになる」ような精神作用がないとされています

2017年には、世界保健機関(WHO)もCBDの安全性と有効性を認めており、欧米を中心にその深いリラックス効果や、不安やストレスの軽減、痛みや炎症の緩和、睡眠の改善から、有名俳優などのセレブリティが愛用している事で注目が集まりました。

また、2018年に世界ドーピング協会でもCBDをドーピング薬物規制対象から外すことが決定され、アスリートやスポーツ選手の間でも CBDの使用が広がりました。

最近は日本でも食品や化粧品等への活用が進んでおり、また、うつ病や不眠症の治療など、医療分野でも用いられるようになってきており、今後の研究によって更に多くの効果が期待されるでしょう。

CBDの効果とメカニズム

CBDの効果とメカニズム

冒頭でも触れたように、CBDには以下のような効果が期待されています。

不安やストレスの軽減

CBDには脳内でセロトニンを分泌する作用があるため、気分を落ち着かせたり、リラックス効果をもたらすとされており、不安やストレスの軽減に効果的です。
詳しいメカニズムを解説します。

CBDは脳内の神経伝達物質に影響を与えることが知られています。
ストレスを感じる際に脳内で分泌されるアドレナリンやコルチゾールといったストレスホルモンを抑制する作用があるため、ストレスを軽減することができます。

また、CBDは、気分を安定させるセロトニンという神経伝達物質の量を増やすと言われています。そのため、CBDがセロトニンの分泌を増やすことで、ストレスを軽減する効果が期待できます。

ある論文でもCBDの摂取により社会不安障害を抱える患者の不安レベルが減少したと報告されています。

さらに、CBDには筋肉の緊張を和らげる作用があるため、ストレスによって引き起こされる筋肉の緊張を緩和することができます。筋肉の緊張が和らぐことで、身体的なストレスを軽減することができます。

以上のように、脳内の神経伝達物質への作用と筋肉の緊張を和らげる効果によって不安やストレスの軽減を軽減させます。

痛みや炎症の緩和

CBDは神経を鎮静させる効果があるため、神経痛や関節炎、筋肉痛などの痛みや炎症の緩和にも効果があるとされています。
メカニズムを下記で説明いたします。

まず第一に、CBDは痛みを感じる神経を鈍らせる作用があるとされています。
痛みを感じる神経は、炎症や損傷などの外部刺激によって活性化し、脳に痛みの信号を伝えます。CBDはこの痛みを感じる神経を鈍らせるので、結果的に痛みを軽減することに繋がっています。

また、CBDは免疫系の調整にも影響を与えることが知られています。
炎症は、免疫系が体内に侵入した細菌やウイルスなどの異物に対して攻撃を行うために起こる反応です。
炎症を起こすことで異物を排除する役割がある一方で、炎症が慢性化すると、組織の損傷や痛みを引き起こすことがあります。CBDは、免疫系を調整することで、慢性的な炎症を緩和する効果があると考えられています。

痛みを感じる神経を鈍らせ、免疫系の調整をCBDが行うことで痛みや炎症の緩和に効果が期待できます。

ミシガン大学の研究においても、線維筋痛症による痛みに対して、「良くなった」「非常に良くなった」と回答した患者も非常に多く、一定の効果が期待されています。

睡眠の改善

睡眠の改善に効果があるとされています。リラックス効果があるため、眠りにくい、眠りが浅い、など睡眠に不満を感じている人にとって効果が期待されます。

不眠に悩みを抱える方の多くは、ストレスや不安が原因となっていることが多いです。
先ほども述べたようにCBDにはストレスや不安を軽減する効果があるため、そうした原因を除き、結果的に睡眠の質を改善することが期待できます。

実際いくつかの研究でもCBDには不眠症治療に有効である可能性が示唆されています。

日本臨床カンナビノイド学会の研究チームが行った調査においても、約70%ほどの被験者が睡眠障害の改善を自覚しており、高い効果が期待されています。

出典①:The therapeutic role of Cannabidiol in mental health: a systematic review
出典②:Reasons for cannabidiol use: a cross-sectional study of CBD users, focusing on self-perceived stress, anxiety, and sleep problems

CBDを使用して効果を実感できなかった理由

CBDを使用して効果を実感できなかった理由

様々な効果が期待されるCBDですが、実際に使用しても思ったような効果を感じることが出来ない人も多くいます。

理由はいくつかあるので1つずつ解説します。

個人差

CBDの効果には個人差があるため、全ての人に同じような効果が期待できるわけではありません。
少量でも強く効果を感じられる人もいれば、多く摂取したのにも関わらずあまり効果を感じられない人もいます。
あなたが今効果を感じられないのは、自分にとって適切な量ではないことが原因かもしれません。
次章で自分に合った摂取量を見つける具体的な方法を紹介します。

摂取方法が適切でない

CBDを摂取する方法によっても、効果が異なる場合があります。例えば、CBDオイルを舌下に滴下する方法と、カプセルや飲料に入れて摂取する方法では、吸収率に差があるため、効果にも違いが生じる可能性があります。

一般的にはべイプによって吸う方法が最も素早く、かつ効率的に吸収できるとされています。

また、CBDアイソレートのみの摂取ではリラックス効果を感じづらいということも様々な論文で言われています。

そもそもの摂取量が少ない

CBDの使用量がそもそも適切でないことが原因である場合もあります。
摂取量が少なすぎるともちろん効果は感じづらいです。CBDは緩やかにじんわり効果を実感できる方が多いので、摂取量が少ないと「効果がないのでは?」と不安になることも多いです。

摂取量の見直しを検討してみることも重要です。

品質

CBDの効果を感じられない理由として最も多いのがCBDの品質が悪いことです。

製品の品質が低く、CBDの濃度が低い場合は、効果は感じられません。

現在では化学肥料や重金属を含む低品質のCBDも多く出回っており、低品質なCBDを使い効果がないと思われる方も多いです。
もしかするとこの記事を読んでいる方も同じパターンかもしれません。

効果が無いと判断する前に、まずは自身が摂取したCBDの品質が本当に良いのかをまずは確認すると良いでしょう。
高品質なCBDを探すことが非常に重要となります。

CBDの効果を実感するための方法

CBDの効果を実感するための方法

CBDの効果を実感するためには、以下のような方法があります。
感じられなかった方はぜひ試してみてください。

適切な使用量の確認

先述したようにCBDの効果を実感するためには、適切な使用量を摂取する必要があります。
まずは、使用量を増やしてみることで、効果が実感できる場合があります。ただし、使用量を増やしすぎると、副作用が発生する可能性があるため、注意が必要です。
自分の適切な量を見つけるには、まずは1日10mg程度を基準に、数日かけて少しずつ量を増やしていき自分の体調の変化を見ていくのがおすすめです。
ある医療大麻の研究者によると、

  • 低用量:CBD 0.2mg/体重1kg
  • 中用量:CBD 1.0mg/体重1kg
  • 高用量:CBD 1.5mg/体重1kg


という量が経験則としてあげられています。

つまり、体重67kgの筆者の場合は一日の摂取量目安は下記のようになります。

  • 低用量:CBD 13.4mg
  • 中用量:CBD 67mg
  • 高用量:CBD 100.5mg

ぜひ参考にしてみてください。

摂取方法の見直し


CBDの摂取方法によっても、効果が異なる場合があります。自分に合った摂取方法を見つけることで、効果を実感しやすくなる場合があります。

先ほども述べたように、一般的にはべイプによって摂取する方法が最も素早く効果的であるとされています。
迷った際はまずはべイプでの摂取をお勧めします。

品質の確認

先ほども述べたようにCBDにおいて品質は非常に重要です。

まずはCBD製品の品質を確認しましょう。
信頼できるメーカーの製品を選ぶことで、効果を実感しやすくなる場合があります。

健康スポーツ認定医の医師と共同開発したリカバリーベイプ

健康スポーツ認定医の医師と共同で開発した、新発想のリカバリーベイプの「MUZE」は医師監修の下、製品使用時の体感や満足度、そして安全性に拘った製品開発をしています。
特に、使用原料に徹底して拘っており、多くのCBD製品に使用される事が多いアメリカ産や中国産の原料ではなく、スイス産の最高品質のオーガニックCBDを使用するなど、しっかりと体感できるような製品作りをしています。

先ほども述べたようにCBDアイソレートのみでの摂取では効果を感じづらいという課題に対しても、CBD以外のCBGやCBNなどの希少なレアカンナビノイドを高配合させることで解決しました。

もしこの記事を読んでいる方が「CBDを以前購入したがよく分からなかった」「CBDに興味はあるけど、やっぱりちょっと不安」と考えているのであれば、ぜひ1度MUZEを試してください。

まとめ

まとめ

CBDは、不安やストレスの軽減、痛みや炎症の緩和、睡眠の改善など、多くの効果が期待されている一方で、個人差や摂取方法、使用量、品質などによって、効果を実感できない場合があります。

適切な使用量の確認や摂取方法の見直し、品質の確認などを行うことで、効果を実感しやすくなると考えられます。
多くの場合は摂取量や品質が原因であることが多いです。今回ご紹介したように少しずつ量を増やしていき、自身の体調と照らし合わせる方法も試してみてください。
品質に不安がある場合は、MUZEなどの高品質なCBD製品を1度試してみるのも良いでしょう。

CBDについては、まだ研究が進んでいる段階であり、効果について確定的な結論が出ていない場合もあります。

より正確な情報を得るためには、信頼できる情報源を参照することが重要です。また、健康に関する問題がある場合には、専門家の助言を受けることが大切です。
最新の情報を得て、正確な知識をもって、適切な使用を心がけましょう。

※注意事項※
本記事内で紹介している海外論文や調査結果等は弊社製品に対するものではなくCBD等のカンナビノイドの成分に対するもので、弊社の製品の効果とは直接的な関係はありません。
また、日本においてCBDは医薬品および医薬部外品ではないため、疾患の予防や治療等には医師の指示を受けることを推奨しています。

CBDとメディカルを融合させたセルフリカバリーアイテム 「MUZE」

CBDは効果ない?最新論文を元に原因と改善策を解説

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次